「RC外断熱の本格派」NoiM工法(ノイム)
「RC外断熱の本格派」NoiM工法 「RC外断熱の本格派」NoiM工法
 外断熱TOP外断熱工法ラインナップ外断熱とは会社概要営業拠点FAQお問い合わせ 
NoiMトップ
NoiM 施工手順
NoiM 施工の容易性
高い耐力・耐久性
NoiM 熱損失の低減
NoiM 多様なデザイン性
NoiM 地球環境への配慮
お問い合わせ
「RC外断熱の本格派」NoiM工法
従来の工法においては、外装材を固定するための支持部品を下地コンクリートに取付けるために、断熱材の一部を切り欠き、部品を設置した後に断熱補修をする必要がありました。
しかしNoiMでは、外装材固定用の支持部品としてNoiMシャフトを使用し、そこにネオマフォームを貫通させているため断熱材を切り欠く必要がなく、断熱欠損部の補修の必要がありません。
また、従来の支持部品に比べNoiMシャフトでは金属貫通部分がピンポイントであるため、熱の流出入が低減され、熱損失の低減(断熱性能の向上)につながります。
従来工法例
支持部品の取付けのため断熱材を切り欠き、後から断熱補修する必要があった。
NoiM工法
切り欠きの必要がなく、断熱補修も必要ない。
Copyright (C) 2008 TAK.All Rights Reserved