ハイパート外断熱システム工法は最適な外断熱工法です。外断熱のご相談・ご質問・疑問・不安 何でもお気軽にお問い合わせください。
 外断熱のプロがお答えします。
 外断熱工法のお電話でのお問い合わせはフリーダイアル
| 外断熱TOP | 外断熱工法ラインナップ | 外断熱とは | 会社概要 | 営業拠点 | お問い合わせ | 
ハイパート外断熱工法 TOP
外断熱とは
ハイパート外断熱工法の紹介
工 法
外壁仕上
性 能
詳細図
施工例
施工手順
施工までの流れ
お問い合わせ
FAQ(よくあるお問い合わせ)
外装材:ハイパートN (建築基準法告示1400号例示繊維強化セメント板)
項 目 性 能 備 考
 曲げ強度 N/mm2 タテ 25 以上 JIS A 1408
ヨコ 18 以上
 ヤング係数 N/mm2 タテ 18 以上21 以下 JIS A 1408
ヨコ 15 以上19 以下
 長さ変化率 % タテ 0.14 以下 JIS A 5430
ヨコ 0.15 以下
 吸 水 率 % 28 以下 JIS A 5430
 嵩 比 重 1.4 以上1.7 以下 JIS A 5430上
 耐凍結融解性 300 サイクル異常なし JIS A 1435
 不 燃 性 建築基準法告示1400 号
断熱材:スタイロフォーム(ハイパート専用グレード品)
 (JIS A 9511/押出法ポリスチレンフォーム保温板3種b)
項 目 性 能 備 考
 熱伝導率 W/mk(kcal/mh℃) 0.028(0.024) JIS A 9511
 単位体積重量 kg/m3 35 ± 3.0 JIS A 9511
 圧縮強度 N/cm2(kgf/cm2) 35(3.6) JIS A 9511
 燃 焼 性
 (3秒以内に炎が消えて残じんが残らないこと)
合格 JIS A 9511
 吸 水 量 g/100cm2 0.01 以下 JIS A 9511
 透湿係数 ng/m2sPa(g/m2hmmHg) 145 以下(0.07 以下) JIS A 9511
 加熱変形温度 ℃ 80 DOW 法
 酸素指数 26 以上 JIS K 7201
※物性値は各試験方法に基づいた代表値であり、保証値ではありません。
システムの断熱性能
地域区分 スタイロフォーム厚
(mm)
熱貫流率
(W/m2k)
T 55 0.43
U 45 0.51
V・W
X・Y
30 0.71
※地域区分については技術資料をご参照下さい。
※コンクリート厚180oとした場合の
熱を伝えにくい。

スタイロフォームは、完全に独立した無数の気泡ででき た空気の板です。熱を伝える3要素
(伝導・輻射・対流)が、 この小さな気泡のひとつひとつに閉じ込められているの で、熱伝導率はALC板の約1/5です。省エネルギーに有 効な断熱材です。
水を吸収しない。

スタイロフォームは、完全独立気泡構造となっていますから、毛細管現象や連続気泡による吸水を起こしません。 水中に浸漬しても、膨潤したり、軟化、変形、変質することがありません。
断熱性能が変わらない。

断熱材は、建物の一部となって性能を高めるものです。 スタイロフォームは、水をよせつけず、水蒸気透過も小さく、断熱性能もほとんど変わりません。
リサイクルが可能。

スタイロフォームの原料はポリスチレン樹脂です。ポリス チレン樹脂は、熱によって可逆的に流動・変形・固化する特 性(熱可塑性)があり、この特性を活かし商流・委託加工場 で発生した端材を再資源化し、再び製品の原料として再利 用し、資源の有効活用を図っています。
環境にやさしい製品です。
 
スタイロフォームは、「オゾン破壊係数ゼロ・ノンホルム アルデヒド」の環境対応型断熱材です。 T・U・V種のすべてのグレードにノンフロン品をラインナッ プしました。また、スタイロフォームは全製品グリーン購 入法適合品です。
耐水性の差からくる熱伝導率への影響  
  <水中浸漬21日間後の吸水率>     <水中浸漬後(21日間)の熱伝導率維持率>
試験法 ASTM D2842-69   吸水試験後の熱伝導率を測定し、吸水テスト前の値で除した、熱伝導率の維持率
水蒸気透過による含水率(水分蓄積)と熱伝導率
断熱材として使用される時、水蒸気圧差が断熱材の表裏面で発生し、フォーム中へその水蒸
気が蓄積または通過する。その現象を想定して、強制的な水蒸気圧差を設けて試験しました。
  <水蒸気圧差下、28日間試験後の含水率>     <含水後(28日間)の熱伝導率維持率>
試験法 DIN 52615   試験後の熱伝導率を測定し、試験前の値で除した、熱伝導率の維持率
プライパシーポリシー HOME ↑PAGE TOP
Copyright 2006 TAK.All Rights Reserved