FRC断熱パネル外断熱工法は、型枠兼用断熱パネルを採用したRC外断熱工法です。
FRC断熱パネル外断熱工法
お問い合わせ
 | 外断熱 TOP外断熱工法ラインナップ外断熱とは会社概要営業拠点FAQお問い合わせ | 
工法概要
特長
捨型枠同時打込工法
後貼り工法
性能
仕上げ材
施工例
お問い合わせ
外断熱システム製品ラインナップ
ハイパート外断熱システム工法
パッシブウォール
HT外断熱システム
Noim(ノイム)
LLH外断熱通気層システム
そとだんかべメイト
アルセコ外断熱
●型枠兼用断熱パネル
FRC断熱パネルは、繊維強化セメント板と押出発泡スチレン断熱材を複合したコンクリート型枠兼用断熱パネルです。アンカーによる後貼り施工も可能なので、外断熱改修工事用のパネルとしてもご使用いただけます。

●用途で選べる2タイプ
施工地域や仕上によりGHタイプとGNタイプの2種類をご用意しております。
GHタイプはGRC板(耐アルカリガラス繊維強化セメント板)を採用しており、凍害の心配される寒冷地でもご使用いただけます。また、GRC板のもつ風合いから、コンクリート打ち放し風の意匠も可能です。
GNタイプは軽量セメント板を採用しており、温暖地域を対象とした廉価タイプの製品です。
仕上げはGHタイプ、GNタイプともに塗装仕上げを基本としております。
型枠兼用断熱パネル工法
<打ち放ち風仕上げ>

 捨型枠同時打込工法
型枠の性能を兼ね備えているため、従来のコンパネを基本的に必要とせず資材の節約、施工の効率化が図れます。

GHタイプ
FP120BE-9028
FP060BE-9041
旧:建設省認定Ew1002
耐火構造外壁に施す外断熱パネル
表面材:耐アルカリガラス繊維混入強化セメント板・ポリスチレンフォーム張外断熱パネル
GNタイプ
FP120BE-9035
FP060BE-9048
旧:建設省認定Ew1049
耐火構造外壁に施す外断熱パネル
表面材:耐アルカリガラス繊維混入軽量セメント板・ポリスチレンフォーム張外断熱パネル
Copyright 2007 TAK.All Rights Reserved