FRC断熱パネル外断熱工法は、型枠兼用断熱パネルを採用したRC外断熱工法です。
FRC断熱パネル外断熱工法
お問い合わせ
 | 外断熱 TOP外断熱工法ラインナップ外断熱とは会社概要営業拠点FAQお問い合わせ | 
トップ
工法概要
特長
捨型枠同時打込工法
後貼り工法
性能
仕上げ材
施工例
お問い合わせ
FRC断熱パネル外断熱工法の工法概要
捨型枠同時打込工法
新築のRC造建築物で、FRC断熱パネルを型枠兼用材として打ち込む外断熱工法です。
型枠の性能を兼ね備えているため、型枠合板(コンパネ)を使わずに、外壁面・スラブの施工が可能です。この工法により、資材の節約、施工の大幅な効率化が図れます。
後貼り工法
新築および既存の建物の外壁にFRC断熱パネルを取り付ける工法です。
特に改修工事では、建物外部からの作業が主体となるため、人が入居したままで容易に改修が可能です。
複合パネルを工場において養生し建設現場に搬入するため、既設建物の断熱改修作業を、大幅に合理化できます。
 ● HOME |● 会社概要 |● プライバシーポリシー |● お問い合わせ  ↑PAGE TOP 
Copyright 2007 TAK.All Rights Reserved